リフォームを実施する最適なタイミングを検証

リフォーム特化の住宅情報サイト

オーソドックスなリフォームの効果と時期

リフォームはただ闇雲にやって効果の上がるタイプの施行ではなく、悪徳業者による施行は論外としても、物件の基礎部分や各配管・配線を無視してのリフォームはコスト面を見ても物件へのダメージ面を鑑みても推奨できませんし、ましてや素人による日曜大工での大規模リフォームは無謀と言って過言ではありません。

オーソドックスなリフォームの目的である機能の拡張と機能保全を大前提としての施行が、最も物件寿命を引き延ばし、住環境の改善に効果的であることは明らかで、偽装水道管工事や効果の無い後付け耐震装置のように、昔から詐欺の常套手段として用いられることが多いリフォーム施工は、水道管の破損に伴う水漏れに起因した土台へのダメージや家を支える柱へのダメージ、シロアリの侵入機会の増加といった特大のリスクを孕むことから、信用と実績のある業者でなければ考慮にすら値せず、価格よりも業者によるサービスやアフターケアに重点を置いた方が、効果を見込めるリフォームの代表例とも言えるでしょう。

信頼できる業者が正しくリフォームを行えば住宅寿命の延長と住環境の改善効果が見込めることはもちろんですが、リフォームのタイミングを見極めることができれば、不測の事態を防止することも可能で、堅実な周期としては築五年おきのメンテナンスを挟みつつ、築一五年を目安に水道管や土台を含む大規模リフォームを行い、更に季節まで考慮するなら、木造建築の家は木材の大敵である湿度が高い夏を避け、乾燥が大敵のコンクリート工事は冬を避けるなどのリスク管理ができるはずです。

このようにリフォームを行う際のタイミングを見極めることは、リフォーム効果を十分に享受するために必要な要素の一つになります。

リフォームの効果とタイミングを見極める必要性

リフォームについての基本的な知識を押さえることを念頭に置き、リフォームが物件に与える主なメリットとリフォームの限界を提示しつつ、一般的なリフォーム周期の具体的な年数と、リフォームと併せて行うことが望ましいメンテナンスに関しての私見を述べました。

メンテナンスとリフォームの違い

基本的にリフォームとセットで考えることが望ましい、メンテナンスについての情報をリフォームとの目的面の相違と施工周期の相違を交えて触れながら、定期的なメンテナンスのメリット・デメリットにも言及し、リフォームとの相違とメンテナンスの効果を提示しています。

築年数以外にもあるリフォームに適したタイミング

一般的なリフォームのタイミングは、年数では築一五年が基本となりますが、リフォームに適したタイミングには、居住を伴う住宅のリフォームには年数以外の要素も影響を及ぼします。 本項は築年数以外のリフォームタイミングに関わるファクターとして、引越しや季節を例示したページです。