リフォームを実施する最適なタイミングを検証

リフォーム特化の住宅情報サイト

リフォームの効果とタイミングを見極める必要性

このコラムをシェアする

リフォームでできること・できないこと

物件のリフォームは物件の内装や外装を好みのものに変えたり、増改築によって物件の間取りを変えたりといったこと以外にも、築年数の経過によってメンテナンスだけでは補いきれなくなったダメージを補うためであったり、破損箇所並びに欠損箇所を全く新しいものに変えてしまうことで住宅の寿命を引き延ばすことを目的として行われます。

しかし、リフォームの限界はベースとなる戸建て住宅やマンション・アパートの築年数と整備状況を基準として、物件の材質や構造、土地ごとの気象条件など様々な要素が複合的に絡み合って決まるものではあるものの、日本の居住を目的とした一般住宅の基本的な五〇年程度という寿命は一つの限界ラインとなり、物件を新築住宅のようにするようなことはできず、新規に住宅を建てるような膨大な予算をつぎ込みでもしない限りは、あくまで住宅寿命ないし過不足なく生活できる住環境を維持する効果しか望めません。

築一五年がリフォームのタイミング

普通、物件のリフォームを考えるのは、築一五年頃が目安で、こまめな補習を欠かさず行い、十分にメンテナンスが行き届いてさえいれば、水道管や建築物の土台部分のように定期的なメンテナンスを行うのが難しい部分を除いて大きな問題は発生しませんが、杜撰なメンテナンス状況が長らく続いた物件の場合、その限りではなく、水道管と土台部分と同時期に大規模なリフォームを要したり、築一五年を待たずに大規模なリフォームに迫られたりすることも十分に有り得る事態です。

定期的に小規模なメンテナンスを余念なく行うには出費を伴いますが、大規模補修を要する時期とメンテナンス不足による設備や家屋の破損時期が重なってしまうと、一気に費用が膨れ上がることになるだけでなく、住宅寿命と住環境に悪影響を及ぼしかねないでしょう。